俺、スマート農業をはじめる

はじめに

最近よく、スマート農業という単語を聞くようになりました。

突然、「ICT技術を日本の農業に活かせるようになりたい」という思いがふつふつと湧いてきました。しかし、ICT側の人間として、スマートの方はわかるんですが、農業の方は経験が全くなくさっぱりわかりません。

農業を体験しつつ、それをスマート化していくという双方向からのアプローチで、高齢化している日本の農業に若者が参入したくなるような何かを掴み、日本における農業回帰の道を模索したいと思っております。

ベンチャー企業の一つの選択肢としての農業というものが確立できれば、若者の農業参入も多くなるのではないでしょうか。

農業への参入自体がベンチャー的要素満載だというイメージもありますが、そこにスマート要素を入れることにより、ITベンチャーだけど野菜を作ってるみたいな形態になれるのではないかと思います。

今は、IT企業と農家さんがタッグを組む形態が主流だと思いますが、それをIT農業企業がすべて実施するという形態を目指します。

そして、その軌跡をウェブログとして残そうと思います。

PoC(概念実証)

農業をやったことがありません。ましてやスマート農業などやったこともありません。なので、まずはPoCから始めたいと思います。

PoCというのは、Proof of Conceptの略で、自分で考えた概念的なものを実際にやってみてうまくいくかを証明していくことです。

そして、そのPoCを何周も回して、少しずつ規模を大きくしていきます。最終的にはすごいものになります。

第一回目のPoCのプランは以下の通りです。

  • 市民農園を借りる
  • IoT機器で管理しながら野菜を作る
  • データを蓄積する
  • データを解析する
  • 解析したデータで農園を改善する

まずは、小規模農園に対して、スマートセンシングを用いた農場管理を実証してみます。センシングに関しては、現状のスマート農業で取得される定番データの取得をまずはやってみて、本当にそれで農園の状況管理や生産性の向上ができるかを実証します。

一般に農場でのセンシングは以下のものがやられているようです。

  • 温度
  • 湿度
  • 日照
  • CO2濃度
  • 土壌水分量
  • 土壌Ph

CO2濃度は、室内のハウスとかで必要な値、土壌Phは少しハードルが高そうなので、まず第1回目のPoCでは、温度、湿度、日照、土壌水分量の4点に関するセンシングを実証したいと思います。

小規模農園に関しては、市が一般民間人のために提供している市民農園を借りることにしました。3m × 5mで年間8000円というところがあったので、そこに応募してみます。

8月1日に応募があり、借りれるのは9月1日からなので、それまでにスマートな部分を作り込んでいきたいと思っています。

準備するもの

9月1日までに準備しておくものとして、今の所以下のようなものを考えています。

  • Raspberry pi
  • センサー
  • ネットワーク系
  • 電源系

Raspberry pi

ラズパイは、会社の後輩に1000円で売ってもらったRaspberry pi 1 Model B+があるので、それを使ってみようと思います。

仕様書によると、CPUはARMv6 700MHzのシングルコア、メモリは512MB、消費電力は1.65Wだそうです。市民農場のセンシングには十分なスペックだと思います。農場は電源がないのでバッテリーで駆動することを考えると、消費電力にも気をつける必要がありそうです。

センサー

センサーに関しては、色々とググった結果、参考にできそうなサイトで使用されたものを鑑み、以下のものを準備します。

温度・湿度センサー(DHT22)

温湿度センサーモジュールとしては、Raspberry pi用で、AM2302チップ付きのDHT22を用意します。

DSD TECH DHT22 温湿度センサーモジュール AM2302チップ付き Arduino Raspberry Pi用 DHT11の進化版

新品価格
¥899から
(2020/5/13 15:36時点)

日照センサー(GY-30)

日照センサーは、WINGONEERのGY-30 BH1750FVIデジタル光強度センサモジュールを用意します。

WINGONEER GY-30 BH1750FVIデジタル光強度センサモジュールI2CラズベリーパイArduino

新品価格
¥799から
(2020/5/13 15:45時点)

土壌水分量センサー(LM393)

土壌水分量センサーは、LM393を用意します。錆びやすいということだったので、5個入りを買ってみます。

HiLetgo 5PCS 土壌水分センサーモジュールオートマチック給水システム LM393 [並行輸入品]

新品価格
¥550から
(2020/5/13 16:41時点)

上記モジュールは、アナログ値を取得することができるのですが、Raspberry piではアナログ値が扱えないので、A/Dコンバータでアナログをデジタルに変換してRaspberry piで扱えるようにする必要があります。今回は、MCP3008を用意します。

MCP3008 8チャンネル10ビットA Dコンバータ(SPI接続)

新品価格
¥1,150から
(2020/5/13 16:46時点)

これらをアマゾンで注文しました。さらに、ブレッドボードやジャンパーワイヤーも持ってなかったので、注文しました。

到着は5月14日です。到着したら、色々といじってみようと思います。

たのしみだなぁ。

ネットワーク系と電源系に関しては、センサー系の実装に目処がたち次第、検討しようと思っています。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました